*続 つぶやきレッスン*

日頃のレッスンで使う言葉をご紹介します。

R4 1/16

ティーショットのOBを減らす...

ドライバー等でのティーショットでOBやペナルティーエリアにボールが飛んでいくのを少しでも減らすためにティーエリアのティーアップの位置を工夫します。行きたくない側で、なるべく平らな場所からティーショットします。右に行きたくない時は右側に。左に行きたくなければ左側からティーショットする事で フェアウェイキープ率が上がります。

ティーマークギリギリにいつもセットする方多いですが、左足側が下がっている場合があります。それに気付かずスイングすると、トップダフりになりやすいので注意して下さい。

12/30

速いグリーン攻略

冬になると平均スコアが大体悪くなりやすいですが、その原因の一つがグリーンのスピードが速くなり、パット数が増えてしまう事です。せっかくパーオンしたのに そこから4パット(´・ω・`)なんて話を聞きますが、もったいないですね。そこで 速いグリーンに対しての距離感と読み方を少し変える必要があります。ロング、ショートパットに限らず曲がりの読みを多めに読んで徹底的に距離をカップに合わすことで カップを行ったり来たりが減り、パット数が減るでしょう。それには凄く小さいストローク(振り幅)でパット練習して30センチから1メートルくらいの打ち分けが出来るようにしておきましょう。

12/6

方向性アップ...

ドライバーからパターまで思ったところに飛ばない方は スイング前のクラブフェースやアドレスが飛ばしたい目標に向いてないことが多いです。方向性アップの為に ボールの1~2メートル後方に立って、狙いたい目標とボールを結んだ直線上(曲がって狙う場合は直線ではないですが) ボールの30センチから1メートルくらいに何か目印的なものを見つけましょう。その目印にクラブフェースを合わせてから平行にアドレスを決めましょう。決めたらそれを信じて、リズム良く力まずスイングしましょう。ゴルフは方向と距離を合わすスポーツですからね 方向取り大切にしましょう。

 

11/18

スイング理論...

情報量の多いこのご時世 色々なスイング理論を見ることが出来ますが、いろいろ取り入れ過ぎて迷われている方も少なくありません。スイング理論やフォームも大事ですが その前にスイング中の 目標に対するクラブヘッドの軌道やフェースの真ん中の芯で捉える感覚を磨きたいものです。ゴルフはボールを自分の思うところへ運んで数を少なくラウンドする

ゲームという本質を忘れずに練習やコースラウンドに取り組みたいです。その為に当レッスンではその方に合ったシンプルな考えのスイング論をお伝えしています。

 

10/27

アイアン打てない...

そんな方の多くはバックスイングでクラブが内側に低く引かれて、トップオブスイングの腕が低いために ボールの下にクラブヘッドが届きにくくアッパーブロー(すくい上げる)になりアイアンが打てない事になってしまいます。アイアンの”トップ”の腕の高さが高い所(目安は7アイアンで右肩の上)からクラブを振り下ろす方がボールの下にクラブヘッドが入りやすいダウンブローのスイングになり、ナイスショットが増えるでしょう。